JPDA認定制度規則

JPDA認定制度規則

有床義歯学会Japan Plate Denture Association(JPDA)では有床義歯医療における認定制度を設けています。

本制度は有床義歯に対して広い識見と高度な技能を備えた歯科医師および歯科技工士を育成し、有床義歯を必要とする人々がより高いレベルの医療の恩恵を受けることを目指しています。

第1章 総則

第1条

本制度は、必要にして十分な能力をもつ学会員を認定することにより、有床義歯を必要とする人々の口腔の健康の維持と向上に貢献し、もって国民の健康と福祉の増進に寄与することを会員共通の目的とする。

第2条

前条の目的を達成するために、有床義歯学会は有床義歯学会認定制度を設け、実施に必要な事業を行う。

第2章 認定資格

第3条

認定制度において、次の4種の資格を設ける。

  1. 有床義歯学会認定医
  2. 有床義歯学会認定歯科技工士
  3. 有床義歯学会指導医
  4. 有床義歯学会指導歯科技工士

第3章 有床義歯学会認定医の申請

第4条
  1. 有床義歯学会認定医の資格を申請する者は、次の (1)および(2)を満し、認定審議会の審議を経て承認されることが必要である。
    (1) 日本国の歯科医師免許を取得後満4年以上歯科医療に従事していること。
    (2) 当学会に継続して満2年以上の会員歴があること。
  2. 日本国以外の歯科医師免許を有する会員の申請については、その都度認定審議会で審議する。
  3. 上記有床義歯学会認定医申請の手続は細則に定める。

第4章 有床義歯学会認定歯科技工士の申請

第5条
  1. 有床義歯学会認定歯科技工士の資格を申請する者は、次の(1)および(2)を満し、認定審議会の審議を経て承認されることが必要である。
    (1) 日本国の歯科技工士免許を取得後満4年以上歯科医療に従事していること。
    (2) 当学会に継続して満2年以上の会員歴があること。
  2. 日本国以外の歯科技工士免許を有する会員の申請については、その都度認定審議会で審議する。
  3. 上記有床義歯学会認定歯科技工士申請の手続は細則に定める。

第5章 有床義歯学会指導医の申請

第6条
  1. 有床義歯学会指導医の資格を申請する者は、次の(1)~(3)の全て、または(4)を満たし、認定審議会の審議を経て承認されることが必要である。
    (1) 有床義歯学会認定医の資格を有すること。
    (2) 有床義歯学会指導医の資格申請時において、学会に継続して満10年以上の会員歴があること。
    (3) 有床義歯およびこれに関連する領域の歯科臨床に満15年以上従事し、深い知識と経験を有する者であること。
    (4) 上記(1)~(3)の各号を満たさなくとも、それと同等以上の経歴があり、認定医、認定歯科技工士の育成、学会の運営活動に貢献したと認められた者であること。
  2. 上記の有床義歯学会指導医申請の手続は細則に定める。

第6章 有床義歯学会指導歯科技工士の申請

第7条
  1. 有床義歯学会指導歯科技工士の資格を申請する者は、次の(1)~(3)の全て、または(4)を満たし、認定審議会の審議を経て承認されることが必要である。
    (1) 有床義歯学会認定歯科技工士の資格を有すること。
    (2) 有床義歯学会指導歯科技工士の資格申請時において、学会に継続して満10年以上の会員歴があること。
    (3) 有床義歯およびこれに関連する領域の歯科臨床に満15年以上従事し、深い知識と経験を有する者であること。
    (4) 上記(1)~(3)の各号を満たさなくとも、それと同等以上の経歴があり、認定医、認定歯科技工士の育成、学会の運営活動に貢献したと認められた者であること。
  2. 上記の有床義歯学会指導歯科技工士申請の手続は細則に定める。

第7章 有床義歯学会認定医、認定歯科技工士および有床義歯学会指導医、指導歯科技工士の登録

第8条

理事会において有床義歯学会認定医、認定歯科技工士または有床義歯学会指導医、指導歯科技工士として承認された者は、別に細則で定める登録申請書類に登録料を添えた登録申請の完了後に認定証の交付を受けることができる。

第8章 有床義歯学会認定資格の更新

第9条

有床義歯学会認定医、認定歯科技工士および有床義歯学会指導医、指導歯科技工士の認定期間はいずれも5年間とし、引き続き認定を希望する者は、5年毎に資格の更新手続を行わなければならない。

第10条

有床義歯学会認定医、認定歯科技工士および有床義歯学会指導医、指導歯科技工士の認定資格の更新にあたっては、認定期間の5年間に、それぞれ細則に定める事項を取得しなければならない。ただし、70歳以上の会員等の更新については細則において例外を定める。

第9章 資格の喪失

第11条

有床義歯学会認定医、認定歯科技工士および有床義歯学会指導医、指導歯科技工士は次の各号のいずれかに該当するときは、認定審議会の審議を経てその資格を失う。この場合、有効期間中の認定書は返還しなければならない。
(1) 学会会員の資格を喪失したとき。
(2) 歯科医師免許、歯科技工士免許を喪失したとき。
(3) 本人が資格の辞退を申し出たとき。
(4) 更新単位に未達を生じたとき。
(5) 資格更新の手続を行わなかったとき。
(6) 認定審議会が、資格を不適当と認めたとき。

第12条

有床義歯学会認定医、認定歯科技工士または有床義歯学会指導医、指導歯科技工士の資格を喪失した場合であっても、喪失の原因が消滅したと認定審議会の審議を経て理事会が承認したときには、再びその資格を申請できるものとする。

第10章 認定審議会

第13条
  1. 有床義歯学会認定制度を実施し運営するため、認定審議会を設置する。
  2. 認定審議会は次の事項につき審議、決定、実行する。
    (1) 有床義歯学会認定制度に関する規則・細則について検討を行い、常任理事会へ付議または報告を行う。
    (2) 有床義歯学会認定医、認定歯科技工士および有床義歯学会指導医、指導歯科技工士の資格の適否を審議する。
    (3) 認定教育研修の基本方針を決定し、実施する。
    (4) 認定の審議に際し、必要な事項を検討し実行する。
    (5) その他必要な事項を審議する。
第14条
  1. 認定審議会に認定審議会委員を置き、常任理事会で選出する。
  2. 認定審議会委員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
  3. 認定審議会は認定審議会委員の互選により、認定審議会委員長および副委員長を置く。

第11章 雑則

第15条

有床義歯学会認定医、認定歯科技工士が開催するセミナーにて、受講者に有床義歯学会認証のサーティフィケートを与えることができる。
発行に際しては、認定審議会に必要書類を提出し、認定審議会の承認を得る必要がある。必要要件は別に定める。

役員紹介はこちら

上に戻る