有床義歯学会(Japan Plate Denture Association)とは

第3回 有床義歯学会学術大会 開催日決定

開催日:2018年11月3日(土)
会場:東京歯科大学 血脇記念ホール

※詳しいタイムスケジュールはこちら

詳細はお問い合わせください(Tel:03-3527-3890)

有床義歯学会からのお知らせ

2018年学会スケジュール

7月8日(日)
2018年度第1回定例会
午前 教育講演
Dr.松丸 悠一:
義歯臨床に必要な解剖学
DT.小田 垣享:
未定
富士ソフト
アキバプラザ
セミナールーム1
(東京・秋葉原)

詳細はこちら
エントリーはこちら
午後 会員発表
Dr.市川 正人:
下顎総義歯最終印象とその評価基準
Dr.匠原 健:
顎骨壊死患者に閉口機能印象を用いて総義歯を作製した1症例
Dr.稲村 和俊:
治療用義歯を用いて患者に寄り添った補綴治療を行った一症例
Dr.大滝 絵梨花:
~e Denture~プロビジョナルツイン法の初めての経験
DT.中川 隆宏 :
重合精度を求めて
会員発表を募集しています。
希望者は事務局メール、jpda@intervent.co.jpまでお問い合わせください。
10月14日(日)
2018年度第2回定例会
午前 教育講演 内容未定 富士ソフト
アキバプラザ
セミナールーム1
(東京・秋葉原)

詳細はこちら
エントリーはこちら
午後 会員発表 会員発表を募集します。
希望者は事務局メール、jpda@intervent.co.jpまでお問い合わせください。
11月3日(土)
第3回
有床義歯学会学術大会
会長挨拶
亀田 行雄
東京歯科大学
血脇記念ホール

詳細はこちら
エントリーはこちら
JPDA
新進気鋭プレゼン
DT.今田 裕也:
CAD/CAMを使用したデンチャー製作の可能性
Dr.鈴木 宏樹:
有床義歯とオーラルフレイル
JPDA
「義歯難症例」の頂きに挑む
Dr.松丸 悠一:
総義歯難症例の分類と考え方
DT.岩城 謙二:
咬合不安定症例
休憩
会員発表 E-ポスター1 ※1
Dr.遠藤 義樹:
コンビネーションシンドローム症例
Dr.斎藤 善広:
前方開き顎間関係症例
Dr.佐藤 勝史:
フラビーガム症例
Dr.亀田 行雄 & DT.須藤 哲也:

高度顎堤吸収のクラスⅢ無歯顎症例
休憩
会員発表 E-ポスター2 ※2
※1 伊井 博樹「下顎総義歯の吸着のリスクファクターに関する後ろ向き研究」
   山崎 史晃「テンポラリーミニインプラント」
※2 湯田 亜希子「訪問歯科診療における吸着義歯理論の展開」
   小林 貞則「訪問歯科診療において歯科技工士が行える連携」
Liveデモ
(調布阿部歯科医院から中継)
Dr.阿部 二郎 & DT.小久保 京子:

総義歯難症例の分類と考え方

学会スケジュールの詳細はこちら

JPDA概要

日本歯科界のリーダーあるいはリーダーを目指す強い志を持った歯科医師・歯科技工士が集
まる有床義歯学会の規約・認定制度規則・役員ご紹介を致します。

  • JPDA規約
  • 認定制度規則
  • 役員紹介
  • 会長挨拶
  • 活動記録
  • 書籍紹介
  • English

入会案内・お問い合わせフォーム

有床義歯学会にご入会希望、ご質問のある方はこちらからお問い合わせください

ご入会・お問い合わせフォームはこちらから

上に戻る